糖質制限をすると顔や足の「むくみ」が解消される理由は3つ

糖質制限を実践している人の多くが、顔や足の「むくみ」も一緒に解消された!と実感する人が多くいるようです。

では、糖質をカットする事で、なぜ むくみ改善に有利に働くのでしょうか?

 


そもそも 「むくみ」の原因はなに?

むくみは、医学的には「浮腫」とも言われていて、細胞間の水分量が異常に増えてしまった状態を言います。

多くの場合、足のふくらはぎや、顔に起こる事が多く、特に女性に多く見られる事が特徴的です。

足のむくみ原因

デスクワークや事務的な仕事等によって、1日中座りっぱなしだったり、同じ姿勢のまま過ごしている時間が多い事で起こります。

原因は、体内の水分が重力によって下の方に集まるため、足やふくらはぎに水分が集中するため「むくみ」が発生します。

足まわりの筋肉が発達していると起こりにくいため、筋肉量が少ない女性に多く見られる むくみです。

顔のむくみの原因

顔のむくみの原因は、寝ている時に体の水分が重力によって顔のまわりに移動する事で起こる事が一般的。

寝る前に「お酒の飲み過ぎ」等の状態になっていると、アルコールが原因で血管が拡張してしまう事が要因となって、より顔のむくみが発生しやすくなっています。

全身のむくみの原因

足や顔のむくみに関しては「一過性」にものである場合がほとんどですが、全身にむくみがある場合には注意が必要です。

腎不全・ネフローゼ症候群・糖尿病性腎症態等の病気になっている可能性があり、特に「腎臓系」の病気が原因で起こる場合が多くなっています。

 

糖質制限で「むくみ」が解消される理由とは?

病気に由来している むくみ を除き、足や顔に起こるような「一過性のむくみ」は糖質制限によって改善されるケースが多いです。

その理由は、次のとおり↓

糖質制限によって代謝がよくなるため

糖質を含む食べものを摂取し吸収されると、血液中に「血糖」として量が増えます。

糖質を含む食べ物が中心になり、血糖値が増えすぎる「高血糖」な状態になると、血糖がタンパク質にへばりつくようになる「糖化反応」と呼ばれるものが発生。

糖化反応が最終段階になると、AGE(終末糖化産物)と呼ばれる悪玉物質に変化します。

高血糖は、この糖化反応が血液中のあちこちで起こっている状態であり、血液がドロドロになっていきます。

これが、糖質制限をすると糖化反応も起こらなくなるため、血液がサラサラになる良好な状態に変化。

「血の巡り」がよくなる事で、体全体の代謝もよくなり、血液のポンプ運動によってリンパ液の流れも促進されるため むくみ を発生させにくくできるというわけです。

糖質制限によってビタミンB1不足が解消される

栄養成分の中で、「ビタミンB1」が不足すると、むくみの原因になると言われています。

そして、ビタミンB1は糖質(炭水化物)をエネルギーに変える時に必要な成分でもあります。

糖質過多の状態になると、血糖量も増えてしまうため、それだけビタミンB1の消費も激しくなり枯渇しやすくなってしまいます。

糖質制限をする事で、無用にビタミンB1を消費してしまう機会も減らせるため、この点からもむくみ解消に優位です。

タンパク質の摂取量が増えるから

正しい糖質制限の方法は、単純に糖質をカットするだけではなくて、その分 タンパク質や脂質をしっかりと摂取する事にあります。

▶関連:糖質制限ダイエットのやり方・初心者でも3分で分かる仕組み

この時「タンパク質を積極的に摂る」という行動は、体内のアルブミンと呼ばれるタンパク質の量を増やします。

アルブミンは「体の水分を保持する」「浸透圧を整える」等の作用がありますが、これらの働きが むくみ を予防する上でとても効果的です。

(逆に言うと、アルブミンの量が少ないと、体内の水分コントロールがうまくいかずに、むくみやすくなります。)

糖の吸収を抑える!「機能性表示食品」

■ だから、おすすめ!
  • 罪悪感なく好きなものを食べれる。
  • 初回500円(税抜)で試せる。
  • 大手「富士フイルム製」だから安心。

詳しく見る

 

「糖質制限を始めたけど、甘いものが恋しい。」

「ご飯やパスタが大好物!だけど、控えるのはちょっと…」

こんなタイプの人には、「メタバリアS」がおすすめ!

メタバリアSに含まれるサラシノールは、「消化酵素を抑える」働きが。

このおかげで、「糖の吸収を抑える」という効果が期待できます↓

食事前に飲んでおけば、

「外食」や「炭水化物が多い食事」の時のモヤモヤ(罪悪感)を減らせるということ。

さらに、メタバリアSがすごいのが、大腸に運ばれた分解されなかった糖は腸内で善玉菌のエサになり…腸内環境まで改善できてしまうところです。

(ビフィズス菌の割合が5倍に増えたとの実証データも)

基礎代謝で、代表的な器官の消費割合は「内臓38% 筋肉22% 脂肪4% その他16%(※1)」と、内臓の割合が高いです。

基礎代謝割合が多い内臓の運動で、特に、胃腸が食物を運ぶ時の「ぜん運動」は、内臓脂肪を消費されやすいとも言われています。

腸内環境が良くなれば「ぜん動運動」も活発になるので、辛い食事制限をしなくても痩せやすくなる可能性が上がるというわけ。

「糖の吸収を抑え、整腸まで連鎖するというのが、メタバリアSならではの魅力です。

■ こんな人に、おすすめ!
  • 食事を変えず、糖質カットしたい!
  • 大好きな食事を楽しみたい!
  • ついでに、お腹もスッキリさせたい。

1人1回限りのお試しパックは500円(税抜)。今なら「+7日分が無料プレゼント」500円(税抜)約14日トライアルパックが試せてお得。

「ポスト投函」で届くので受取日も気にせずに、今すぐ注文可能です↓

詳しく見る

※1 引用元:厚生労働省e-ヘルスネット「ヒトの臓器・組織における安静時代謝量」(糸川嘉則ほか 編 栄養学総論 改定第3版 南江堂, 141-164, 2006.)

※2 腸をキレイにとは、腸内環境を美しく整えるという意味。

※3【届出表示】本品には、サラシア由来サラシノールが含まれます。サラシア由来サラシノールは食事から摂取した糖の吸収を抑える機能性が報告されています。さらにおなかの中のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整える機能があります。