糖質とグリコーゲンの違いとは?貯蔵時間はどれぐらい?

糖質とグリコーゲンの違いや、そもそもグリコーゲンってなに?という人におすすめの解説記事です。

 


グリコーゲンとは何?

グリコーゲンとは「動物でんぷん」とも呼ばれていて、貯蔵用にいくつかのグルコース(ブドウ糖)が結合している多糖です。

「貯蔵用」という部分を理解するには、糖質を補給した後の代謝経路を理解しておくと分かりやすくなります。

糖質を含む食べ物を食べた後は、胃や腸で吸収された後に、「血糖」として血液中の血糖量が増えます。

血液中の血糖が増えると、すい臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌。このインスリンによって、筋肉に血糖が取り込まれエネルギーとして活用されます。

実際にインスリンが血糖を取り込む時には、「取り込める量」が存在していて、その量によって次のような仕組みになっています↓

  1. 血糖が上がると、筋肉の細胞エネルギーとして使われる
  2. 余った血糖は、グリコーゲンとして筋肉や肝臓内に一時貯蔵
  3. それでも余ると中性脂肪として格納される

このように、筋肉内で最初に使われなかったエネルギーの「貯蔵用」として、糖質が多糖になって保存されている状態の成分がグリコーゲンというわけです。

 

グリコーゲンはどれぐらいの時間 貯蔵できるの?

筋肉や肝臓内でグリコーゲンを一時貯蔵する時。実際に貯蔵しておける時間は12〜18時間と言われていて、この時間をすぎると枯渇します。

そして、筋肉内のグリコーゲンは運動による代謝によってのみ消費されます。

運動によって使われるエネルギーは、中性脂肪等の脂肪も使われますが、強度の高い運動を行った時はグリコーゲンから、強度の低い運動を行った時は中性脂肪から優先的に使われるようになります。

 

糖質とグリコーゲンの違いとは?

ここまでの解説で、あえて説明は不要かもしれませんが、タイトルの問を再度解説しておきます。

糖質は食事として取り入れる 天然の糖質(または人工の糖質)の状態。

そして、その糖質を摂取した事で体内で血糖となり、筋肉で使われるエネルギーとして余ったグルコース(ブドウ糖)を一時保存している状態がグリコーゲンです。

▶関連:糖質の種類と違いのまとめ・ダイエットに良いおすすめ甘味料

糖の吸収を抑える!「機能性表示食品」

■ だから、おすすめ!
  • 罪悪感なく好きなものを食べれる。
  • 初回500円(税抜)で試せる。
  • 大手「富士フイルム製」だから安心。

詳しく見る

 

「糖質制限を始めたけど、甘いものが恋しい。」

「ご飯やパスタが大好物!だけど、控えるのはちょっと…」

こんなタイプの人には、「メタバリアS」がおすすめ!

メタバリアSに含まれるサラシノールは、「消化酵素を抑える」働きが。

このおかげで、「糖の吸収を抑える」という効果が期待できます↓

食事前に飲んでおけば、

「外食」や「炭水化物が多い食事」の時のモヤモヤ(罪悪感)を減らせるということ。

さらに、メタバリアSがすごいのが、大腸に運ばれた分解されなかった糖は腸内で善玉菌のエサになり…腸内環境まで改善できてしまうところです。

(ビフィズス菌の割合が5倍に増えたとの実証データも)

基礎代謝で、代表的な器官の消費割合は「内臓38% 筋肉22% 脂肪4% その他16%(※1)」と、内臓の割合が高いです。

基礎代謝割合が多い内臓の運動で、特に、胃腸が食物を運ぶ時の「ぜん運動」は、内臓脂肪を消費されやすいとも言われています。

腸内環境が良くなれば「ぜん動運動」も活発になるので、辛い食事制限をしなくても痩せやすくなる可能性が上がるというわけ。

「糖の吸収を抑え、整腸まで連鎖するというのが、メタバリアSならではの魅力です。

■ こんな人に、おすすめ!
  • 食事を変えず、糖質カットしたい!
  • 大好きな食事を楽しみたい!
  • ついでに、お腹もスッキリさせたい。

1人1回限りのお試しパックは500円(税抜)。今なら「+7日分が無料プレゼント」500円(税抜)約14日トライアルパックが試せてお得。

「ポスト投函」で届くので受取日も気にせずに、今すぐ注文可能です↓

詳しく見る

※1 引用元:厚生労働省e-ヘルスネット「ヒトの臓器・組織における安静時代謝量」(糸川嘉則ほか 編 栄養学総論 改定第3版 南江堂, 141-164, 2006.)

※2 腸をキレイにとは、腸内環境を美しく整えるという意味。

※3【届出表示】本品には、サラシア由来サラシノールが含まれます。サラシア由来サラシノールは食事から摂取した糖の吸収を抑える機能性が報告されています。さらにおなかの中のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整える機能があります。